GARANLIN Official Site アーカイブ

43件中   11 - 15 件表示 ( 全 9ページ )
  1  2  3  4  5  6  7  8  9   

『Lin's Bar 4 ~ミュージカル100%!~』通信【2】

フライヤー(ポストカード)できました♪
vol.3に引き続き、昨年コーラスオーディエンスに参加して下さったMizzさんによるデザインです。

vol.3の、何が飛び出すかわからないカラフルで躍動的なイメージはそのままに、クラシカルな古き良き時代の、Tin Pan Alleyな感じも出してほしいんです。例えば黄ばんだ楽譜とか、昔のB'wayのポスターとか。で、キャストの写真も使って、でも、Lin's Barのネオンサイン(ロゴマーク)は残して、、、と、、、それって共存できるの!?という無理難題に、見事に応えてくださいました♪

ものすごく良い意味で、私が想像していたものとは全く違ったものができあがってきて、それがまた、任せて良かった♪♪♪とニマニマできる瞬間で。共同作業の醍醐味ですね!(^^)!

これから1か月、常に持ち歩いてますので(笑)、伽藍に会ったらぜひ「フライヤーちょうだい!」と、言って頂けたらものすごく嬉しいです^^


拡大表示


拡大表示


2012-06-01 05:00:00投稿者 : 伽藍 琳
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『Lin's Bar 4 ~ミュージカル100%!~』通信【1】

4回目となるMusic & Talkライブ 『Lin's Bar ~ミュージカル100%!~』のリハーサルがスタートしました♪

回数を重ねるごとにやりたいこともどんどん拡がって・・・!

アコースティックなミニマム編成で、まったりと、まるで「徹子の部屋」の音楽版のようにトークも交えてお届けしよう。と始めたLin's Barですが、前回にも増して色んな箇所色んなパートがパワーアップしています。

「ガランリンの脇台詞」のLin's Bar vol.4の関連記事はこちらから


7月2日(月)の夜はぜひ、ご家族ご友人お誘い合わせて、Lin's Bar@絵空箱 へお越しください!(^^)!
どうぞお楽しみに!

2012-05-27 05:01:05投稿者 : 伽藍 琳
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『スペリング・ビー』通信 ニュースレター

伽藍琳からの(紙ベースの)ニュースレター、『スペリング・ビー』版をPDFでアップロードしました♪
リントアウト&配布 free !(^^)! ぜひ、ご家族・ご友人にミュージカル『スペリング・ビー』をご紹介ください (#^.^#)
↓ 画像をクリック ↓



(以下、PDFファイルをご覧になれないかたのために、テキストで掲載します)


*:.。Oshirase de Gozaimasu(お知らせで御座います)。.:*

February 2012 By Lin GARAN


寒中お見舞申し上げます


毎日稽古が終わって外に出ると、底冷えする寒さに冬真っ只中を実感しますが、暦ではもう立春なんですね。
いかがお過ごしですか?

さて、ただ今、リハーサル真っ最中のミュージカル『スペリング・ビー』は、アメリカではおなじみの実在する大会、難しい単語のスペルをどれだけ覚えているかを競い合う、「Spelling Bee(全米スペル暗記大会)」を題材にしています 。出場資格は9歳~15歳。全米から勝ち上がってきた子供達が最終決戦に臨む全国大会ともなると、テレビが生中継するほどの注目度。地区大会で優勝して全国大会に出場することは、子供達にとって大きな目標であり、大変栄誉なことだそうです。

参加者(スペラー)は1人ずつマイクの前で、1問ずつ、出題された単語のスペルを答えていきます。1文字でも間違えたら退場。正しく言い当てた者だけが舞台に残り、最後に勝ち残った1人がチャンピオンとなります。

このスペリング・ビーの地区予選風景をミュージカル化したのが、『スペリング・ビー』(原題は『The 25th Annual Putnam County Spelling Bee(第25回パットナム郡スペリング・ビー)』)。2002年秋、ニューヨークの小さな劇場で産声をあげました。

架空の町・パットナム群を舞台に、家族や社会とのずれに悩む6人の参加者が、競争の中で自分にとって本当に大切なものを見つけていく過程を、笑いの渦の中で描き大ヒット。2005年にはブロードウェイに進出し、その年のトニーでは、最優秀脚本賞を受賞しています。

日本でも数年前に初演されましたが、今回の上演は、20代の若き演出家チームによる新たな翻訳版での上演です。
スタッフ陣の情熱もスゴイけれどキャスト陣もスゴイ!稽古初日にすでに、「絶対面白いステージになる!!」と確信するほど、それぞれの役に本当にピッタリな個性派揃いです。
周りを見るとみんな本当に才能豊かで、私も毎日初心に帰って奮闘させてもらっています。稽古場は今、とても魅力的な創造空間!

大会スタッフの大人3人は勿論、出場する6人の子供達も、大人の俳優が演じます。私は・・・今回は大人役です(笑)。
伽藍演じるロナ・リサ・ペレッティは、この町のトップ不動産業者。第3回パットナム群スペリング・ビーのチャンピオンでもあります。この大会への思い入れは人一倍。司会者として大会に返り咲いてからは長いこと、出場する子供達を見守ってきた、愛すべきキャラクターです。

リズミカルでグルーヴィな音楽も魅力です!私が度々ライブの最後に歌う「グッバイソング」は、実は『スペリング・ビー』の中の曲♪また、劇中でオリーブ役の母親に扮して歌う 「I Love You Song」は、いつか歌いたいと心に秘めていた、大好きな曲です。他、思わず一緒に歌いたくなるhappyな曲が満載!

笑えて、ホロッときて、最後にはまた笑顔でお帰り頂ける『スペリング・ビー』、ぜひご友人やお子様と、また、ご家族で、観にいらしてください♪
ご連絡、心よりお待ちしております。



ブロードウェイミュージカル  『Spelling Bee(スペリング・ビー)』
2012年3月6日(火)~11日(日)
シアターブラッツ
(東京・新宿御苑前)

チケットお申込受付中

観客のみなさんにも出場チャンスが! 詳細はwebにて近日発表!


2012-02-08 00:00:00投稿者 : 伽藍 琳
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『LOVE & LIFE 4』通信【2】

『LOVE & LIFE 4』のリハ、佳境に入っております!
昨日は、頭から終わりまで、とにかく通す稽古をしました。

1回目は予想通り、何度も途中で止めながらの(=正確には、
セリフが出てこなくて止まってしまいながらの、)
「荒通し」ならぬ、「あら?通し?」になってしまいましたが(^_^;)、

セリフが入りきってない箇所や、
歌詞を必ず(!)間違える箇所、
マイクスタンドや小道具の移動の段取りをポッカリ忘れちゃう箇所・・・、
いろいろ判明して、

いざ、2回目の通し。

・・・通った・・・!!
そしてトータルタイムを見たら、
「1時間1分」!!

すごい。目標の「1時間」に、1分しか誤差がない!
亜樹さん素晴らしいです!
きっと本番には、
1時間ピッタリまでシェイプアップされていることと思います(^^)v

しかし、とても1時間とは思えないくらい、
終わった後の気力体力の消耗度合が激しくて、
やっぱり今回は、ライブではなくミュージカルなんだ。と実感。

もちろん、ライブでも体力は消耗します。
でも何が違うんでしょうね、消耗の仕方の種類が違うかな。。。
どちらも、私にとっては心地よい消耗ではあります♪(Mですから。笑)

登場&退場のタイミングの確認、
ハモリの最終調整、
もろもろの微調整をして、、、

昨日のリハは終了しました。

今夜はいよいよピアニストの成太さんが入っての、通し稽古!
いざ!!ヽ(^o^)丿

2011-12-23 11:02:43投稿者 : 伽藍 琳
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『LOVE & LIFE 4』通信【1】

12/29(木)@恵比寿 天窓.Switchでの『LOVE & LIFE 4』
リハーサルが着々と進行中です!

オリジナル表示

佳田亜樹さんとの、この「LOVE & LIFE」シリーズも今回で4作目。

始めてこの企画でご一緒した時はシリーズ化しようなんて思っていなくて、
2回目をやると決まった時に、
「(Broadway Musicalの中に)女性デュエットなんてそう沢山はないよね」
「再演でもいいよね」
なんて言いながら探し始めたら結構あって、
結局新作で2回目、3回目と続き、、、

4回目の今回は、ちょっと趣向を凝らして、
母と娘を主人公にした作品の中からのセレクトです。

9月の終わりに、方向性を決める初meeting、
10月いっぱいかけてリサーチして選曲meetingを何度も重ね、
11月頭にフライヤー写真撮影、リハスタート、
ピアニストの高橋成太さんも加わって、キーを決めたり寸法を決めたり、
すべての訳詞が終わって台本もできて(by亜樹さん)、
今度はその台詞に合わせて間奏やチェイサーの箇所・寸法を決めて、、、

芝居に合わせて音楽を決めていく、or、音楽に合わせて芝居を変えていく、
そういう作業って、本当に、ミュージカル創りの醍醐味だ!と思います♪

細かい仕掛けがひとつひとつ決まっていって、
だんだん作品が形作られていくのはとっても面白いです!(^^)!

そう、今回は、様々なミュージカルから選んだ曲達を、
オリジナルの歌詞の意味そのままに訳してひとつの別の物語で繋げた、
ミュージカル仕立てなんです。


全編通してひとつの役で存在して(歌う)ステージは久しぶり。
しかも、難しい曲ばかりで・・・苦戦中です!

全12曲のうち、10曲が初めて取り組む曲。その半分以上が、今回初めて知った曲。
自分達で選んでるので文句は言えないのですが(・・;)

比較的新しいBroadway Musicalからセレクトしています。
どれも人生と愛を謳った素敵な曲ばかり。

アステアの時代を髣髴とさせるような曲調から、
RENTのようなロックミュージカルに近いもの、
これぞ王道、というようなShowtune、
軽やかなリズム、壮大なメロディ、
最後は、おぉ~こう来たかー!とホロッとしてしまう大好きな曲で終わります。
多分、いつも伽藍琳のソロライブに来て下さる皆さまには、
きっと想像つかない感じの終わり方です。だって、私だって想像つかなかったんだもの(笑)

そこもまた、共同作業の醍醐味ですよね♪そしてピアノの調べがまた素敵。。。
イントロを聴いただけでキュンときちゃう。

この想いを、ひとりでも多くのかたと共有できたら嬉しいですヽ(´▽`)/

年末ギリギリの超多忙期ではありますが、
約1時間の作品、17時半開演の1st stageなら18時半には終わります。
忘年会と重なっちゃっても、観終わってから忘年会に行ける行ける(笑)

ぜひ、お時間許す限り、年の瀬の恵比寿に足をお運び下さい♪
詳細&ご予約は
http://garanlin.syncl.jp/index.php?p=live&id=32623

リハの様子は亜樹さんのブログでもぜひ^^
http://akiwitch.exblog.jp/

フライヤーの写真を撮ってくれた米田麻理子さんのブログ
http://ameblo.jp/purnatur/entry-11074000594.html


2011-12-13 01:54:41投稿者 : 伽藍 琳
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
43件中   11 - 15 件表示 ( 全 9ページ )
  1  2  3  4  5  6  7  8  9